太陽光パネル洗浄で発電効率を最適に保ちませんか?

安田建設では、太陽光パネル洗浄も承っております。

太陽光パネルには、「鳥の糞」「樹液」「CO-2」など雨による自然洗浄では落ちない汚れも付着しています。
これらを放置しておくと太陽光を遮断する原因となり、発電効率が落ちてしまいます。

そこで安田建設では、皆さまの太陽光パネルの発電効率を長期に渡って最適に保つための「パネル洗浄サービス」をオススメしています。

洗浄にはノンアクアクリーナーと呼ばれる特殊な水を使うことで、

・低コストで
・パネルを傷つけず
・環境に優しい

洗浄を行います。

【パネル洗浄作業の様子】

太陽光パネル、汚れの原因

※設置して2ヶ月目の太陽光パネル

所有されている太陽光パネルはキレイに保たれていますか?

太陽光パネルは設置場所の周辺環境によって

・落ち葉/枯葉
・鳥のふん
・砂埃
・樹液
・CO-2などの化学物質
などが付着してしまいます。

簡単な汚れであれば、風雨で自然洗浄されますが、しつこい汚れはずっとパネルに付着したままで、発電効率に悪影響を与えます。

ノンアクアクリーナーについて

ノンアクアクリーナーは水道水から純水を創り化学物質無添加で洗浄作用がある水です。(特許技術)

ノンアクアクリーナーは「トルマリン鉱石精製水」を含んでおり、ヒドロキシルイオンによる界面活性作用により洗浄効果に優れ付着した油脂の汚れをパネルを傷めることなく剥離する特性を持っています。

また自然環境下で変質や劣化することなく、土壌や水質に悪影響をおよぼすことがないため、環境保護対策に最適な水とされています。

ノンアクアクリーナーのメカニズムに関する資料(PDFダウンロード)

パネル洗浄事例

(洗浄前)樹液・CO-2で汚れたパネルは太陽光を遮断して発電効率を落としてしまいこのまま放置するとシステムパフォーマンスに影響が出てきます。発電効率アップで洗浄費用はおぎなえます。

(洗浄後)水源無し・電源無し・洗剤不要で洗浄を行いました。パネルがきれいになると長期的に発電効率が保持され太陽光発電所の延命に繋がります。住宅・ビルをいつも綺麗にしていると長持ちする事と同じです。

洗浄前後の発電量の違い


太陽光パネル洗浄前後のほぼ日照量が同じ日の発電量を比較してみました。
明確に発電量が向上しているのがわかります。

なおこの洗浄を実施したのは、洗浄の1年前から稼働開始した設備で、表面にうっすら埃が付着した状態でした。
これが 3年以上経過、もしくは過酷な条件(例えば、海岸沿い・火山灰・PM2.5 ・黄砂の飛来・鳥の糞害等)下の場合、より大きな発電量増加が期待できます。

太陽光パネル洗浄Q&A

Q.パネル洗浄の汚れは雨で落ちるので洗浄は必要ないと言われましたが洗浄は必要でしょうか?

A.
太陽光パネルの汚れは雨の自然洗浄で落ちるように工夫されていますが、周囲の環境により鳥の糞・CO-2・樹液等がしばしばパネル表面での遮光要因になります。

汚れたパネルのままでは発電低下ばかりでなく太陽光設備のシステムパフォーマンスへの悪影響を与える可能性があり、発電低下ばかりでなく太陽光設備のシステムパフォーマンスへの悪影響を与える可能性があります。

汚れの状況により費用対効果を確認して専門知識のある安心できる洗浄業者に依頼されるのが良いでしょう。

Q.太陽光パネル洗浄について知らないと損をする知識を教えて下さい

A.
太陽光パネルが長期的に発電効率を保つためにメーカー様によりお勧め出来ない洗浄があります。
メーカーによりパネル洗浄ガイドがある場合がありますが、まだ統一されてはいません。
避けた方が良い事項は

① 高圧洗浄
②化学洗剤の使用
③中性水以外の洗浄水
④硬いブラシ
⑤水道水・井戸水・川の水
⑥スチームクリーナー

これらを使用しない洗浄業者にパネル洗浄を依頼された方が賢明です。

Q.パネル洗浄は定期的にした方が良いですか?

A.
パネル洗浄の効果は主に2つあります

①洗浄による発電率のアップ
②洗浄による太陽光設備の延命

住宅の場合は綺麗にしたい方は洗浄の目的もあります。
産業用のソーラー発電所は基本的には年間に一度が基本です
パネルに鳥の糞・CO-2・樹液等が付くような環境の場合は汚れた個所のみ汚れの状況により部分清掃が必要です。
汚れた個所のみ汚れの状況により部分清掃が効果的です。
住宅やビルを想像してみて下さい。定期清掃をしている住宅・ビルは長持ちすることは誰でもお判りです、

Q.パネル洗浄で安く・効率的に洗浄する方法はありますか?

A.
汚れが固着したパネルや鳥の糞が1年以上付いたパネルは強酸性の鳥の糞が染み込んだパネルが多く見かけます。

この様なパネル洗浄は人手と時間がかかり、洗浄費用は高くなってしまいますが、汚れが固着してないパネルは洗浄の手間がかからず効率良く洗浄できパネルの傷みも最小限で太陽光設備も長持ちするメリットが多くあります。

定期的に洗浄すると、洗浄の手間がかからないので費用対効果を考慮して洗浄業者に交渉したが良いでしょう。

Q.パネル洗浄水は純水が良いと言われますが、ノンアクアクリーナーとはどのような違いがありますか ?

A.
水道水にはミネラル分が有り洗浄時にパネルに付着したミネラル分が白濁し取れなくなります。
そこでミネラル分を除去した純水が適しています。

そもそも純水は界面活性作用(洗浄作用)が弱く油脂を含んだ、鳥の糞・CO-2・樹液は落ちにいので洗剤が必要な場合があります。
ノンアクアクリーナーは純水を化学物質を無しでパネルや自然環境に悪影響を与えずにパネル洗浄が出来るので理想的なクリーナーです。

Q.費用はどれくらいかかりますか?

A.
野立のパネル1枚の洗浄でおよそ300円とお考えください。(製品や大きさによって異なる場合があります)

屋根に設置してあるパネルの場合、安全確保のために足場設置が必要があります。
高所作業が発生する場合には別途費用が発生しますのでご了承ください。

訪問見積もり無料!太陽光パネル洗浄に関する質問はお気軽にお問い合わせください

太陽光パネル洗浄にかかる費用は、パネルのサイズや設置場所などによって異なります。
安田建設では、まずは現地に伺わせていただいてお見積いたします。
訪問見積もりは無料となっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お見積り・お問い合わせはこちらまで。tel:0574-76-2046
お見積り・お問い合わせはこちらまで。tel:0574-76-2046